BLOG

2月は試合が続きます

https://www.jbjjf.com/upcoming-events/ffc_05

2月9日(日)大阪の修道館にて、フルフォースカップ05が開催されます

柔専館からは現在14名の選手がエントリーされています

例年であれば冷え込む今の時期は、練習への参加者が減少します

今年は異常なくらい暖かく、試合出場される方が足繁く練習に参加されて、道場も活気があります

とりあえず私は終わってからの打ち上げをどの店にするか?というところから頑張ります(笑)

怪我がなく良い結果が出るように応援したいと思います

https://kids6.webnode.jp/

2月2日(日)吹田の洗心館にてレグナムKIDS04が開催されます

150名を超えるエントリーがあり、子供のブラジリアン柔術も関西に定着した感があります

柔専館からは6人の子供たちがエントリーしています

子供の大会とはいえ、大人顔負けの動きを見せる選手少なくありません

うちはまだまだ柔術への経験が浅い子たちです

まず1勝を目指して頑張ってほしいと思います

先週の日曜日は先々週に続き、講習会のご依頼を頂きました

http://farol.blog.jp/

徳島で活動されているFAROL様よりガードポジションの基本技・クローズドガードのセミナーでした

セミナー風景のハイライト動画を作っていただけました

かっこよいのでぜひ見てみてください

 

講習会のご依頼ありがとうございます

1月12日(日)兵庫県篠山市のTOUYA JUDO STUDIO様にてブラジリアン柔術の講習会を開催させて頂きました

柔道家の方たちと講習会という形でがっつり交流させて頂いたのは、おそらく初めての経験です

そこで柔専館のインストラクターの伊東さんは、柔道の実力と理解のある柔術家という、この上ない適任者だったと思います

さすが柔道!といえる参加人数です。柔術の講習会ではなかなかこれだけの人数は集りませんね(汗)

指導内容は年齢の幅が大きかったので、子供達でも理解出来るようにベーシックな内容で進められました

参加された皆さんのやる気と興味が凄くて、質問攻めにあいます

そして理解力が高いので、指導がめっちゃ楽!だったそうです(笑)

これも時代の流れだと思いますが、大阪から参加の中にはすでに柔術道場と並行して柔道に取り組んでいる少年たちもいました

何が有効かの適正は、人によって千差万別です

普段の練習の何か良いヒントになればと思います

道場を建てる理由。柔道で集った人と楽しい時間を過ごしていきたい。

https://judo3.org/blog/2019/05/10/dojocostruction/

今回ご縁を頂いたTOUYA  JUDO STUDIOの佐々木先生のインタビューです

なかなか熱いお方ですね

ちなみにお酒を飲んだ後の感じが、私と全く同じだそうです(笑)

次回はちょいよさげなお酒を持っていきますので、またよろしくお願いします

 

 

2019年度国内年間ランキング8位

2019年度のJBJJF・日本ブラジリアン柔術連盟のアカデミーランキングで、柔専館は8位に入ることが出来ました

https://docs.google.com/spreadsheets/d/e/2PACX-1vT8WYST2ZenL_SLh817QNfSlgxQvz4KsKZfnxac6ng810GlHPbQQtwN1p0VtKRKMcVu94dJ3bRCSeHx/pubhtml

数百あるブラジリアン柔術のアカデミーの中で、住宅街の弱小町道場と言ってしまって差し支えないうちが日本で8位です(笑)

これも頑張って試合に出場して頂いた会員の皆さんのおかげです、ありがとうございます

これからも試合にはそれぞれのペースで、楽しく続けられる範囲で取り組んでいきましょう

そして蘭音ちゃんが女子紫帯の部の年間ランキング1位になりました

今年は試合への参加費ただですね

そして三宮にもテナントを出店されている国内でも最大級の武道具SHOP(株)イサミ様よりスポンサードを頂いています

やはり結果を出すとよいことありますね

しかしそれは試合経験を重ねるために東京や九州まで、自費での遠征を重ねて出した結果です。そして柔専館のアカデミーランキングにも多くの貢献があったと思います

何よりガチで男より強い本人の実力が凄いんですけど(笑)

今年も弟の極め極め王子の宙大とともに、応援していきたいと思います

 

来月の2月9日(日)大阪の修道館にて第5回フルフォースカップが開催されます

https://www.jbjjf.com/2020/01/19552/?fbclid=IwAR2p0Cw8_loXSuqmeUElM691i29jnL6jEMHmfuTdib_UDG6FToq3bxVlEAU

出場の申し込み締め切りは1月30日ですが、柔専館からは徳島の姉妹道場のFARLさんと合わせてすでに13名のエントリーがあります

都合の合う方は出場してみて下さい。そして打ち上げ(←これが大事)で一緒に楽しみましょう

今年もありがとうございました

今年も1年間ありがとうございました
28日の練習納めにも多数の方に参加して頂き、良い締めくくりになりました

キャパいっぱいでしたが、道場の皆さんが一度に集まる貴重な日です

そして恒例の帯昇進は4名でした

ブラジリアン柔術には独特の帯たたきというイベントがあります
しかし現在はセレモニーとして昇進式を行うアカデミーが主流で、帯たたきは少数派です。
ただ、私があんまりかしこまったことが苦手なのと、やってて皆が楽しい!ということから柔専館の雰囲気を代表するイベントとしてやってます

松田さんは先日のグリーンアリーナ神戸で開催されたフルフォースカップで優勝しての昇進です

柔術を始める人の中で青帯までたどり着ける人は、現在では10人にひとりと言われています

「部活とかもしてないし、続いたのは柔術だけでした」
と言いながらフィジカルトレーニングも継続し、試合にも進んで出場して経験を積まれています

そして青帯昇進。奥さんにも十分に自慢して良いと思いますよ(笑)

井上さんも同じくフルフォースカップで階級準優勝・無差別優勝の結果を得て、青帯昇進です

コンスタントに練習に参加されて、技術的にも順調に身に付けられています
青帯は通過点でまだまだ上を目指せるポテンシャルをお持ちだと思います

来年1年でのさらなる進化が楽しみですね

西川くんと神田くんの2人は茶帯に昇進です
若い2人は指導者の手を離れて、自分たちの力で強くなっていきます

このまま継続できれば100人にひとりとも言われる黒帯にも到達することが出来るでしょう。楽しみですね

そして練習納めを終えて、そのまま垂水の居酒屋さんで忘年会に突入です

長く在籍されている方から白帯の方まで皆さん参加してくれました

飲み会は古株の方のみということが良くあるのですが、今年は違いますね
おそらく一番良い雰囲気で、嬉しく思います

最終までお付き合いありがとうございました
今年も楽しく年を越すことが出来ます

と言いながらこれを書いている大みそかの昼の2時から、自主練習に参加してきます
年始は1月4日の朝10時から練習初めで、そのあと道場でまたまた新年会でお酒です(笑)

楽しいが最強。

来年も楽な道ではなく楽しい道を、頑張って皆さんと歩んでいきたいと思います

それでは今年もありがとうございました

良いお年を!

忘年会・新年会の参加確認のお願い

練習納めは12月28日(土)で、18時スタートです
20時まで練習して、その後帯たたき
21時より垂水の居酒屋浜のおかずえん
https://hamanookazuen.gorp.jp/

にて忘年会です

コースは未定ですが、飲み食べ放題で2時間4000円、小学生以下2000円です

練習初めは1月4日(土)で、10時スタートです
12時まで練習して、その後道場にて新年会を行います

おそらく大人2000円から3000円、高校生以下は1500円程度になると思いますが、道場内で宴会をします

ご参加頂ける方は、12月23日(月)までに道場に用紙を置いておきますので、それにご記入下さい。もしくはLINE・メッセンジャー・メール・口頭にて直接に宮本までご連絡お願いします

第7回西日本柔術選手権・グリーンアリーナ神戸

12月1日(日)神戸のグリーンアリーナでJBJJF・日本ブラジリアン柔術連盟主催の西日本柔術選手権が開催されました

いつもは大阪中心に行われる関西のブラジリアン柔術の試合ですが、柔専館の地元といえるグリーンアリーナでの大会ということで、多数の会員の方が参戦されました

特に今回は白帯の方が半数ということで、道場内の世代交代も感じる大会でしたね
印象に残った試合をずらずらっと書いてみます

泰平くんは仕事の合間をぬって足しげく道場に通ってくれているだけあって、アダルト紫帯フェザー級優勝

選手層の厚さと実力的に黒帯に近いといわれる紫帯は、一番ハードなカテゴリだと思われます
そこできっちり勝てる泰平くんは、次期エース的な立ち位置といったところです

マスター4白帯無差別級で優勝された井上さん
レッスンでやっていることを試合中にしっかり遂行されていました

そして優勝。指導者冥利に尽きます、ありがとうございます

松田さん、マスター3白帯ライトフェザー級優勝です
試合に出始めて、とりあえず一勝するまでに長い期間のかかった苦労人です

白帯ながら柔専館以外にもパーソナルトレーニングで、自分に投資しながらフィジカルを上げる努力も継続されています
柔術歴3年での初戴冠です。もうテレビを見ているかのようないい話です。びっくりします(笑)

池田さんマスター4青帯フェザー級優勝です
決勝で相手を絞め落としたフロントチョークは圧巻でした

そしてその直後は柔道をやっている息子が見ているとは思えない、悪人の顔になってました
皆さん見てます、しばらくはいじられるかもしれません(笑)

宙大は前回の西日本オープンに引き続き、全試合関節・絞めによる一本勝ちでアダルト青帯ルースター級優勝
ていうか出た試合ほとんど一本勝ちで、階級別ではいつから負けてないか覚えていない(汗)

すでに今年の全日本選手権で優勝しているので、階級ではまず勝つだろうなです
なので我々の興味は最軽量50キロ前半のルースター級で、無差別が獲れるか?の一点でした

ヘビー級の相手から三角絞めを極めきって会場をどよめかせる活躍をしましたが、決勝で惜しくもポイントで敗れ準優勝でした
彼は動きのある、見ていて面白い試合を繰り広げます

ジャイアントキリングは柔術ならではの夢です。彼の活躍を見ていきたいと思います

森本兄弟の次男雅大は、初試合で強い相手に敗れて号泣
負けず嫌いの彼は強くなるでしょう、楽しみです

長男のサンタマリアは優勝
ブラジリアン柔術初戦の上に、相手の計量オーバーなどアクシデントもあって、まだまだ手探りです
通っている柔道クラブでの練習を生かした投げ技から抑え込み、アームロックと柔術の練習の成果も出て決勝では勝てました。よい感じです
兄弟で練習に参加できるのはとても良いことで、ブラジリアン柔術で大成している選手は兄弟で練習していることが多いです
気兼ねなく練習できる相手というのは、意外と貴重な存在なのですね

団体成績としては3位でした
弱小町道場の単体アカデミーの成績としては十分だと私は思うのですが、以前のグリーンアリーナでの大会で優勝しているので、舌が肥えてしまって「なんだ3位かぁ」的な空気を皆さんから感じました

十分だと思うんですけどねぇ・・・(笑)

おまけで、大会スタッフとして頑張る貧乏人の神田くんです
しかし試合では動ける彼なので、12月8日のレグナムジャム43でMVPを取った動画を

次回は団体優勝にむけての戦力としてがんばってください










年末年始の予定

練習納めは12月28日(土)で、18時スタートです
20時まで練習して、その後帯たたき
21時より垂水の居酒屋浜のおかずえんhttps://hamanookazuen.gorp.jp/
にて忘年会です

31日から年明け3日までは完全閉館ですが、それ以外の日はフリーマットとして練習可能です

練習初めは1月4日(土)で、10時スタートです
12時まで練習して、その後道場にて新年会を行います

予約や食材の関係があるので、また近くなったら連絡してもらいますね

11月24日(日)ベトナムの柔術ナショナルチームの方々が来館されます

11月24日(日)ベトナムから柔術ナショナルチームの4名の方々が、柔専館に練習に来られます。
午後2時開始です
当日は出稽古料も無料にさせて頂きますので、柔専館会員だけでなく他道場の方もどしどしご参加下さい
柔道経験者やレスリング経験者の方も、これを機会に一度柔術に触れてみて頂きたいと思います
気軽にご参加お待ちしてます

2019・11・10(日)第一回西日本柔術オープントーナメント


淡路島の洲本文化体育館にて、第一回西日本柔術オープントーナメントが開催されました

大阪中心の関西の大会の中で、応援する側としても小旅行気分で楽しく参加できました。不謹慎ですが(笑)
柔専館としては姉妹道場で徳島の柔術道場FAROLの方々と参戦してきました












私が初めて出場したブラジリアン柔術のトーナメントは、1996年か97年頃に東京で試合をしました
その日本最大のトーナメントはカテゴリーすべて合わせて100数十名で、マット1面で進行されました

ただ、出場選手は各道場最強の選手が出場し、30歳以下のアダルトカテゴリーのみでプロの総合格闘技選手なども交えた豪華なトーナメントでした

1面で進行されるために各試合の応援や注目度が半端なく、あの熱気は今でも忘れられません

今回の大会は2面の少し狭い会場で開催されましたが、何となく懐かしい雰囲気で、久しぶりに私も声をからして応援しました

ステータスの高い多くの出場選手を集める大きな会場での試合は最高ですが、地方のローカルな大会ならではの良さもありますね
主催者の方が経費をペイできているかは心配ですが(笑)

ちなみに写真は初の大会スタッフでテンパる神田君
貧乏人の彼は時給に味をしめたので、ブログをご覧の主催者の方は頻繁に声をかけてあげてください(笑)