JR神戸沿線の垂水駅から徒歩10分のブラジリアン柔術道場柔専館の代表コラムです。ブラジリアン柔術は神戸・明石沿線の方なら柔専館で!護身術・格闘技で自信・フィットネス・初心者・ダイエット目的・柔道経験者に好評です

ブログ           柔術FITクラス  ベーシックテクニッククラス  パーソナルトレーニングクラス

柔専館(神戸本部)

〒655-0872
兵庫県神戸市垂水区泉ヶ丘
1丁目7-22
電話:代表直通
090-5655-9767

神戸のブラジリアン柔術専門道場なら柔専館へ

神戸市垂水区の「柔専館」代表あいさつ

プライドを中心とした空前の格闘技ブーム以前で大晦日での格闘技中継も無く
UFCやK-1、グレイシー柔術もコアなファン以外誰も知らなかった昔に聞いた話です。


道場でのクラスも中盤を過ぎた頃、細身でスーツを着た少し白髪まじりの男性が入ってきました。

茶帯を巻いた道着に着替え、軽くウォーミングアップをすませると、終盤を迎えたクラスではスパーリング(乱取り)が始まっており、男性もその輪に加わります。


神戸本部の練習中の画像

屈強な男たちが激しく格闘しあうマットの上でのその男性は、紳士然とした風貌からは考えられない、びっくりするような強さを持っていました。     

若く大きな体の相手をコントロールし、圧倒していきます。まいったの意思表示のタップを次々に奪っていきます。

そして3本のスパーリングを終えてひとしきり仲間と談笑した後  またスーツ姿に戻りアカデミーを後にします。
神戸本部の所属選手の試合中写真

「ブラジリアン柔術は自分のライフワークであり人生だ、ずっと続けていく」

まだ20代の若者であった私には、この話は  とにかくあまりにも格好が良すぎました。

格闘技等の世界チャンピオンになれる素養は100%無くプロとしてそれで食べていくなど考えることも出来ませんでしたが

とにかく強くなりたいという想いだけ練習していた私にひとつの道筋ができたような気がしました。

この人のようになろう、この人のように歳をとっていこうと。
神戸本部の集合写真

「ブラジルにはこんな人はたくさんいるんだよ」


黒帯そして本場であるブラジルへのあこがれで私の頭の中はもうパンパンに膨れ上がってしまいました。

それから20年近くの時間が流れ、私も白髪がまじるようになりました。練習を今も続けています 若者にもあんまり負けません。

腰には黒帯をまいて、この神戸に柔専館という練習を続ける場所があり、そこはあの男性のような人がたくさん集う場所になりました。

幼い頃の夢は何一つ叶うことはありませんでしたが

格闘技に強くなりたいという思いブラジリアン柔術だけは形になり、継続することができています。

格闘技の神様に少しだけ愛されていたのかもしれません

そして、今の夢です。
柔専館の神戸本部の館長画像

「地元である神戸のこの柔専館で一生練習し続ける」


私事ながら最後まで読んで頂けた方、とてもありがたく思います。
もしこんな話が好きな方は、仲間として一緒に練習し続けていけたらと思います。
そして友人として一緒にお酒を飲めたらな、と思います
     
柔専館代表 宮本泰弘
神戸本部の道場外観

神戸の常設道場・柔専館について


ブラジリアン柔術専門の道場として、
神戸市垂水区
において2002年に建設された常設の
ブラジリアン柔術道場として活動しています。


歴史は旧く1995年に神戸市垂水区の体育館で
ブラジリアン柔術サークルとして活動を開始しました。

日本のブラジリアン柔術の団体としては最古参の部類
に入ります。


中高年の方中心に学生・公務員・サラリーマン・会社社長・女性
の方々が格闘技未経験から練習に楽しく参加されています。

格闘技道場にありがちな上下関係や練習の強制、
危険な行為などは一切ありません。

練習に楽しさを感じてもらえることが継続につながり
それが強くなれるということだと考えます。

楽しんでもらった結果にもらえる「笑顔」が
道場運営のすべての原動力であります。


神戸本部のブラジリアン柔術メンバーの写真