神戸・明石沿線でブラジリアン柔術を始めるのなら柔専館で!神戸市の垂水駅から徒歩10分のブラジリアン柔術道場柔専館のブログです。格闘技や柔道の寝技強化から護身術・ダイエット・初心者・運動不足の方に好評です!

ブログ           柔術FITクラス  ベーシックテクニッククラス  パーソナルトレーニングクラス

SNS

facebookページ

twitter

柔専館(神戸本部)

〒655-0872
兵庫県神戸市垂水区泉ヶ丘
1丁目7-22
電話:代表直通
090-5655-9767
RSS

柔専館のブラジリアン柔術日記 2018年11月25日(日)

カテゴリ : 練習


11月24日(土)静岡県浜松市で開催されたブルテリアオープン2018に、インストラクターの伊東さんと紫帯の原田君が参戦してきました

スポンサードして頂いている(株)ムンディネロ様http://www.b-j-j.com/主催大会ということで、車で片道6時間!の道のりを、伊東さん運転して試合です(汗)





結果は階級別準優勝で。無差別級3位でした

優勝には手は届きませんでしたが、以前と比較しても体が良く動いて、自分がレベルアップしていることを体感出来たそうです

私たちから見ればそれだけのことをやっているので、そりゃそうやろとしか思わないのですが(笑)
http://physical-vanguard.com/



原田くんは無差別級に出場して、3位入賞でした


負けると言われていた強い相手に勝利することが出来、自信になったようです

私も現役時代は試合前に負けると言われた相手に勝ち、勝てると言われていた相手に負けるということを、繰り返していたように思います

自身のパフォーマンスがメンタルで大きく変わっていたのでしょう

ブラジリアン柔術に強くなるには技術は一部分でしかなく、フィジカル・メンタルなど沢山の要素があります

浜松までの遠い道のりでしたが、良い試合経験でしたね


今週の私のレッスンクラスはベーシックなマウントポジションの攻防でした



コーチング主体の月曜日のベーシックテクニッククラスですが、少しフリースパーリングの時間を作ることにしました

まだ始まったばかりなので粗削りですが、徐々にお互いに向上できるリラックスした雰囲気になると思います

何事も経験を重ねることで練られていきますね



木曜日・土曜日とクラスではマウントポジションからのエスケープを指導させてもらいました

専門的な話になりますが、ブラジリアン柔術の試合を考えた場合にマウントポジションを奪われるほどの実力差があった場合、逆転して勝つというのは稀です

なので競技のみを考えると、このようなエスケープの練習に時間を割くのは非効率だと思います

抑える・倒す・ひっくり返す・バックを奪うのポジショニングのパスゲームに注力すべきですね

私もそうでしたので、マウントからの腕十字などをしっかり覚えたのは10年目くらいという有様です

試合に勝つためのポジショニングに100%振っていました



ただ、それは格闘技としてはどうか?というところがだんだん大きくなっていきましたね

練習を長く続けていくと、実際に試合に出場するとは関係なく、競技としてブラジリアン柔術に接する割合が増えていきます

ポイントゲームという言い方は安っぽいですけど、それに全力を注ぎこまないと勝てないくらい、今は競技のレベルが高くなってますし


ただ、格闘技としての部分を大事にしていくこともクラスとしての役割かなぁと最近では思います



中井先生とは取り組んでいた時代がかぶるので、柔術と格闘技に対する考え方もリンクします


なぜ自分がこんな思考になるのか?とか分かったり、自分だけじゃなかった!みたいなのが持てました

興味ある方は是非手に取ってみてください


ちなみに来週の練習は新しく中学生の柔道女子が参加予定です

ちょっと気合入ってるっぽいです

会員の皆さん、ご指導ご協力よろしくお願いします!








柔専館のブラジリアン柔術日記 2018年11月18日(日)

カテゴリ : 練習
今週は先週のプロ柔術興行「MATSURI」の余韻を引きずりつつ、出稽古の方の参加やインストラクターの伊東さんのプライベートレッスンの申し込みも増えてきています

最近の道場的には、神戸のグリーンアリーナで開催されたRIZIN柔術大会での団体優勝も含めて、まさにスポーツの秋を満喫してます

11月12日(月)ベーシックテクニッククラス


この日は原田君レッスンでした

彼のクラスは初心者にもシンプルで分かりやすいコーチングで、好評です

私のように難解な技にどこまでついてこれるか?といったチキンレースはしません(笑)

インストラクターに一番必要な「空気を読める」感覚を持ってます。これからもちょくちょくお願いしていこうと思います


11月13日(火)スパーリングクラス


11月14日(水)レッスンクラス


11月15日(木)柔術FITクラス


今週は私が多忙でしたので、クラスはこの日のみの担当でした

コーチング中心の柔術FITクラスも、少しずつ自由にスパーリングする時間を取り入れていこうかと思ってます

良い練習というのも、集ってもらえる人によってその時々でいろいろと変わります

試しながらベストなものに近づけて行ければと思います


11月16日(金)スパーリングクラス


この日の練習では、交流のあるシューティングジム神戸でインストラクターをしているビリーが、プログラップラーでスクランブルチームのミハさんと彼女のエマさんを連れてきてくれました

先々週のジェームズさんから、外国の方の参加が続いてますね

残念ながら私は不在でしたが、話に聞くところめちゃ強!だったそうです

それに合わせてパラエストラ大阪の大西さんも出稽古に参加して頂けました

ブラジリアン柔術はいろんな方と安全にガチで手を合わせることが出来る所に、一番の楽しみがあります

出稽古で来られた方とのスパーリングは、見ているだけでも楽しいです

ああ、ミハさんのスパーみたかったな・・・




11月17日(土)レッスンクラス


この日は伊東さんのプライベートレッスンを受講するためだけに鳥取からお越しのかたが!(驚)



そういえば私も1回のセミナーの為だけに日帰りで東京往復や、合同練習会の為だけに東京往復などよくしてました

好きになると皆さんも盲目になりますね

ちなみに今は亡きあみっちと呼ばれるお方は、東京まで試合に行って開始すぐ三角絞めの体勢に入られて、そのまま我慢してタイムアップでの敗北という経験があります

「東京まで新幹線に乗って三角絞めを我慢しにいった」という逸話を残しました

盲目にならざるを得ません(笑)



来週末あたりからまた道場の改装に入ります

通常のクラスへの影響はないですが、昼間の使用には制限があるかもしれません

完成した暁にはたまたま名前がかぶったということにして、神戸ディエムとして活動していけるクオリティになる予定です(笑)

良いものが出来る様に頑張ります。期待していてください











プロ柔術MATSURI第10戦

カテゴリ : ブラジリアン柔術試合


日曜日に開催されたプロ柔術MATSURI第10戦も、過去最高の観客でチケット完売の大盛況の中、盛り上がりました



柔専館からは2名の出場オファーを頂きました

この観客の中で試合できるということも貴重な体験です。主催・実行委員の方々、ありがとうございました



カノンちゃんはコンディションがベストと言えない中、負けてしまいました

国内の同階級では、対戦相手を見つけることすらも難しい程の実力を身に付けてきたカノンちゃんです

世界レベルの選手と対戦出来た経験は、必ず生きてくると思います

2人ともこれから世界のトップに向けて駆け上がっていく逸材です、今後に期待!

ちなみに実行委員の方による煽りブログです






インストラクターの伊東さんは、過去最高と言えるコンディションで大会のメインに出場し、見事勝利!



ここ一年で伊東さんのコンディショニングとトレーニングは劇的に変わりました

体育会系の精神論とは全く異質な、プロのレベルでのクオリティを手に入れる環境が整ってきています

あと10年早く伊東さんにこの環境があればと思うことも少なくないです

しかし本人は年齢とかまったく気にしてなさそうなので、これからもがんがん行ってくれると思います





節目の10回記念大会に柔専館として選手と30名近く参加の応援で、がっつり楽しませてもらいました

諸所の事情の為、私は会場に行けず協賛のみでの参加ということで、申し訳ないです

ちなみに打ち上げにはきっちり参加させて頂きました(笑)



今年も三木市で営業されている大西金物株式会社代表の大西さんより、出場した2名に激励賞を頂きました

宣伝効果など全くない、うちのような弱小町道場を毎年スポンサードして頂いています

お気持ちでの支援ということがよりうれしく思います、ありがとうございます!


柔専館のブラジリアン柔術日記 2018年10月28日(日)

カテゴリ : 練習
RIZIN柔術杯も終わり、道場は平常運転に戻りました



っていうか翌日の月曜日は笹部さんと上條さんおお二人だけ(汗)

先週に詰めて練習していた試合出場組は、しばしお休みですね



と言いつつ火曜日のスパーリングクラスには、出場組も復帰です



水曜日には格闘技ショップ神戸イサミの本田さんが出稽古に来てくれました

15歳くらいから続けているということで、うーん強い!

神戸でライバルと言える、某アカデミー恐るべしです


写真撮り忘れましたが、木曜日の柔術FITクラスも2人でした

少人数ですが、白帯で試合出場おじさん2人でしたので、初心者クラスとしては一歩踏み込んだガードワークを徹底して練習しました

体力はかなり使ったと思いますが、「楽しかった」と言っていただけました

ガードワークの練習が楽しいと感じられるようになれば、それは初心者を卒業して柔術家としての一歩を踏み出したことになります

勝つ負ける関係なしに、試合は多くのことを教えてくれる場だと思いますね




金曜日はシンガポールから茶帯のジェームズさんが参加です

皆が思う柔術家の体質を持った、柔らかい強さを身に付けた方です



当初金曜日だけの予定でしたが、続けて土曜日も参加して頂きました

「迷いながら来たけど、来た甲斐があった」と言っていただけました、ありがとうございます!


柔術に特化した体質と言える、ジェームズさんのスパーリングをずっと見てました

少し込み入った話をすると、ベリンボロやインバーテッドガードなど今に通じる技術は、やっぱりこういう体質の人たちが開発していったんだろうなぁです

私もブラジリアン柔術を志した一人として、こういう風にうまれたかったですね、皆が同意見です(笑)

ジェームズさんはシンガポール在住ですので、シンガポールに来るときには是非一緒に練習しましょう!とのことです。皆さんこれから新婚旅行はシンガポールでお願いします


内輪ネタですが、関西を代表するポンコツのおじさん2人と、ジェームズさんの絡みは最高でした

相手が女子高生とかの場合の絡みは痛さしかないですが、日本語の喋れない外国の方とのポンコツ絡みはまさにJUST FIT!

最近では一番面白かったです(笑)






















RIZIN柔術杯

カテゴリ : ブラジリアン柔術試合
10月21日(日)グリーンアリーナ神戸でRIZIN柔術杯が開催されました

柔専館からは30名近くの出場で、マット5面での進行でしたが同時に3面で柔専館の選手が戦っている場面もあり、一日通して楽しく応援させてもらいました



そして皆さんの活躍で、見事アダルトの部で団体優勝を勝ち取りました!
https://www.jbjjf.com/2018/10/14207/

常設道場として活動を始めて17年めにして、初の戴冠です。皆さんの頑張りと、少しずつですが団体として成長してきた結果だと思います



そして大会後の打ち上げには応援の方も併せて40名以上の参加で盛り上がりました



現役の時は自分が強くなるための練習相手を育成するということで、道場を運営していました

ブログ等でもたびたび公言していますが、現在は道場の皆と楽しくお酒を飲むために運営しています。満足です(笑)



ちなみに飲みまくっていたら「氷が無くなったので飲み物が提供できません」といわれました

大規模チェーン店の鳥貴族で、製氷能力の限界を超えたというのも柔専館の伝説に加えたいと思います(笑)


今回の試合は白帯で経験の少ない方も多く参戦されました

私たちが日々指導していることよりも、試合は多くのことを学べる場です

皆さんそれぞれのスタンスで、自由に試合の経験を役立てて欲しいと思います























































前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ