神戸・明石沿線でブラジリアン柔術を始めるのなら柔専館で!神戸市の垂水駅から徒歩10分のブラジリアン柔術道場柔専館のブログです。格闘技や柔道の寝技強化から護身術・ダイエット・初心者・運動不足の方に好評です!

ブログ           柔術FITクラス  ベーシックテクニッククラス  パーソナルトレーニングクラス

SNS

facebookページ

twitter

柔専館(神戸本部)

〒655-0872
兵庫県神戸市垂水区泉ヶ丘
1丁目7-22
電話:代表直通
090-5655-9767
RSS

本日4月29日

カテゴリ : 練習
オープンマットで14時より荒木さん練、19時より伊東さん練があります。
都合の合う方はご参加ください

ゴールデンウィークの予定


暦通り4月28日から5月6日まで休館となり、クラスはお休みです。
道場はオープンマットとして開館していますので、自主練習等に活用してください

集って練習する場合は、日曜柔術練習会のグループlineで告知があるので、連休中もバンバン練習してください


柔専館のブラジリアン柔術日記 2019年4月24日(水)

カテゴリ : 練習


4月21日(日)インストラクターの伊東さんの初となる、東京でのセミナーが開催されました

東京で伊東さんの名前がどれだけ浸透しているかわからないところがありましたが

蓋を開けてみるとRJJhttps://www.rjjbjj.com/代表の岡本さんの協力もあり、定員オーバーのキャンセル待ち多数の大盛況でした



内容は攻撃の基本のクローズドガードです

今では基本と言いながら練習ではあまりやらないけれども、試合では多用される不思議なポジションといった位置づけです


柔道にもレスリングにも、技を成功させるには崩しというものが存在します

足を閉じたクローズドガードという動きの制限された体勢からも、基本と言える崩しがあるのですが、今の柔術シーンでは意外に忘れられた技術かも知れません


練習や試合で普段やらないクローズドガードに固執した経験のある方、ぜひ一度セミナーを体験してみてください

6月には山口県・鳥取県でのセミナー開催の打診を頂いています

セミナーは短い時間ですが、記憶に残ってずっと使い続けるものになると思いますよ



4月22日(月)親子クラス



先週の15日には登山先生が休みでアントン先生クラスでした

登山先生フリークの私は、アントン先生ではイマイチな進行で「やっぱり登山先生でないとダメだな」というのを期待していたのですが

普通に楽しく練習が行われていました。残念です(笑)



その後のベーシッククラスには森本兄弟と同じ柔道クラブの少年が体験に参加してくれました

連休明けから一緒に練習してくれます

親子クラスからの流れで参加する少年と、若者~年配の方が参加するカオスなクラスになりつつあります

森本兄弟の練習相手が増えるのは嬉しいです



4月23日スパーリングクラス




まあスパーリングの日もカオスと言えばカオスなんですけど(笑)

柔専館のブラジリアン柔術日記 2019年4月17日(水)

カテゴリ : 練習


4月14日(日〉福岡県の福岡市総合体育館でPANCRASE JIUJITSU OPEN TOURNAMENT SOUTH 2019が開催されました
https://www.jbjjf.com/upcoming-events/pcop_s2019/

柔専館からは神田君と、蘭音ちゃんが出場して暴れてきました

関西、というか全国的に見ても国内では対戦相手を見つけるのが難しいほどの実力を身に付けてしまった蘭音ちゃんは、試合をするために九州まで遠征です

で、実力通り階級&無差別オール一本勝ちで、圧倒して優勝してしまいました(汗)



彼女は試合に飢えているようです

対戦希望者の方は、是非とも名乗りを上げて頂ければと思います


神田君は階級別のみの出場でしたが、こちらもオール一本勝ちで優勝しました






決勝では練習していたアキレス腱固めががっちり極まって、対戦相手を負傷させてしまいました

昔は「痛いだけだから我慢しろ」と言われていたアキレス腱固めも、関節をぶっ壊す技に進化しています

練習では手心を加えるので、試合で神田君も初めて全力で極めに行ったと思いますが、足関節は破壊力がヤバイです

ちなみに神田君の師匠はこのお方




理科部で帰宅部のこの師匠の教えで、総合格闘技パンクラスの元ランキング1位の足が極められるようになるとは!(汗)

日曜日にこの師匠のA・A・A(荒木・アキレス・アカデミー)が開催されています

自主練習でクラスとしてではないのでHPには反映していませんが、定期的に開催されています

日曜日も練習可能で参加出来る方は、lineグループで告知しているので私まで連絡お願いします




お土産もいただきました
良い九州遠征でしたね

柔専館のブラジリアン柔術日記 2019年4月10日(水)

カテゴリ : 練習
先週は3月後半になっても真冬並みの冷え込みがありました

年度末と重なって道場も少し参加人数が減りました

しかしさくらも咲いて、これからあっ!という間に汗だくの季節になります

色々とやる気の出てくる季節になりますね



ここ一週間の参加ですが、レッスンクラスは20代が2人他はでおっさん率高し



スパーリングクラスはおじさん3人で他は20代以下の若者中心



基本クラスはおじさん率高し。あ、この日はガチ目の女性の出稽古で参加がありましたね




レッスンクラス前の雰囲気です

まだ参加して日の浅い方の多い初心者クラスでも、こんな雰囲気になればよいなと思ってます



スパーリングクラスです

小学生の森本兄弟の良い練習相手が増えればよいなと


私はサッカーやってましたが生まれつき脚力が弱いので、地面に置いてあるボールはゴロしか蹴れませんでした

当然補欠で試合には下の学年の後輩が出たりします、まあ良い立場では無いですね

「そんな向いてないもん今すぐやめろ!」と35年時が戻せるなら、自分に言いに行きます(笑)


自信をもって言いますが、しっかり柔術を練習するのなら部活の柔道部レベルで寝技は一番上手になれます

体が小さかったり立ち技が苦手でも、先生含めた周囲の人たちに認められるものを手に入れることが出来るでしょう


洸宇や宙大がそれを体現してくれているのは嬉しい限り

ちなみに今を時めく岩崎君は柔道経験ゼロで、足取りの許された時代のタックル→パスガード→腕十字のコンボで、宙大の学校の校内柔道大会で優勝してました

それを聞いて「あ、そうなん。」くらいのリアクションしかとりませんでしたが、指導者としてはまぁまぁガッツポーズ(笑)


柔道少年で私が育てたいなと思うのは、体が小さかったり立ち技が得意ではない子供たちですね



写真横向きですが、池田さんに北海道土産を頂きました

めちゃ大きいので、皆は置いてあるのを見て洗剤だと思っていたそうです(笑)

沢山のあるので皆でいただきましょう、ありがとうございました!





前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ