神戸・明石沿線でブラジリアン柔術を始めるのなら柔専館で!神戸市の垂水駅から徒歩10分のブラジリアン柔術道場柔専館のブログです。格闘技や柔道の寝技強化から護身術・ダイエット・初心者・運動不足の方に好評です!

ブログ           柔術FITクラス  ベーシックテクニッククラス  パーソナルトレーニングクラス

SNS

facebookページ

twitter

柔専館(神戸本部)

〒655-0872
兵庫県神戸市垂水区泉ヶ丘
1丁目7-22
電話:代表直通
090-5655-9767
RSS

柔専館のブラジリアン柔術日記 2019年1月29日(日)

カテゴリ : 練習


1月27日(日)豊中の武道館ひびきにて第二回フルフォースカップが開催されました

今回は30歳以下のアダルトカテゴリーに絞った大会ですが、実際は全年齢が一堂に会して戦うハードな大会です

このカテゴリーとして西日本では最大と言っていい参加人数で盛り上がりました



その中のチーム戦績で準優勝!

個人の勝敗ポイントでは優勝チームと同点で、黒帯の優勝者の数で惜しくも2位となりました

惜しくもと言ってますが、優勝戦線に絡めるだけで満足です

前回のRIZIN柔術に続いて好成績を残すことが出来ました

皆さんの頑張りに感謝です、祝勝会は美味しいもの食べに行きましょう


JBJJFのページからお借りした柔専館の選手の表彰台での写真です

























参加された皆さん、お疲れ様でした!







今週の日曜日には、インストラクターの伊東さんのセミナーが同じ武道館ひびきで開催されます

内容は今回の試合でも多用されたクローズドガードの展開です

ベーシックな技で練習ではあまり使われないけれども、試合ではなぜか皆が多用するという不思議なポジションです(笑)


ここで今回の伊東さんの試合についてです

一試合10分のアダルト黒帯の試合を6度、一度も息が上がらず戦い切りました

一年前から取り組んでいるフィジカルトレーニングの成果です

動ける体づくりを合わせて継続することで、1年前と比べ物にならない能力を手にしています

数字で見えて成果の感じやすい筋力トレーニングに比べて、心配トレーニングは苦痛と精神力を必要とします

そこまでの変化を一年間で手に入れるには、どれくらいの努力が必要かということです

普通の人が見たらちょっと引くくらいのトレーニングを、アラフォーとなった今で継続しています



昼に仕事をして、フィジカルトレーニングを継続し、道場での自分の練習に加え、指導も手伝って頂いています

雑誌でインタビューを受けたりスポットライトが当たることもありますが、おそらく皆さんが思っている以上の努力を続けているのを私たちは見ています

テクニックだけでなく、トレーニング・練習法に関しての質問もとても役に立つでしょう

伊東さんもその辺はしゃべりだしたら止まらないかも知れませんね(笑)

















2019-01-29 19:56:31 | コメント(0)

■コメントを投稿する

名前:

URL:

コメント:

削除用パスワード設定:

投稿用画像認証:

※画像の中の文字を半角で入力してください