神戸・明石沿線でブラジリアン柔術を始めるのなら柔専館で!神戸市の垂水駅から徒歩10分のブラジリアン柔術道場柔専館のブログです。格闘技や柔道の寝技強化から護身術・ダイエット・初心者・運動不足の方に好評です!

柔術FITクラス

ベーシックテクニッククラス

パーソナルトレーニングクラス

ブログ

SNS

facebookページ

twitter

柔専館(神戸本部)

〒655-0872
兵庫県神戸市垂水区泉ヶ丘
1丁目7-22
電話:代表直通
090-5655-9767
RSS

たまには昔のブログ記事でも・・・

カテゴリ : 過去ブログ
以前にやっていたブログで10年前の2005年12月13日の記事です。10年たって少しは釣れるようになりました(笑)

嫌なことやしんどいことは我慢してやりますが、やりたい事を我慢するのは絶対に嫌。若い時には何やってもうまく行かず、やる気無くして早くおじいちゃんになって日がな1日ごろごろしていたいとずっと本気で思っていました。反動で、やりたいことがあるということの大事さと幸せさが分かるからです。

何で若いときにうまくいかなかったかと言うと、とにかく「なめていた」これの一言に尽きます。柔術や仕事を通じて物事を身につけたと言えるようになるまでにどれだけの努力が必要か?を学んだことが一番大きいです。とにかくなめていると言うのは何やるのにも最悪です。物事うまく行かない人は、「これだけやってるのに!」と思っても、実は周りの人は倍以上のエネルギーをつぎ込んでいる場合が多いです(笑)逆に、物事を着実に身につけていく人は、どのくらいのエネルギーを注がなければいけないかを分かっている人なのでしょう。

団体として10年以上色んな人を見続けていると、そんな事を考えたりします。最近釣りもしていますが、楽しい事1辛い事9位です(笑)でも柔術も最初やられてばっかですが、だんだん強くなって楽しくなりますよね。釣りも同じで、面白くなってくると思います。これが物事を身につける為の思考です。なめていると、釣れないからつまんないで終り。勝てないからつまんない、しんどい痛いからいや。これがなめた思考です、とんとん拍子で当然。うーん私の若い時の思考だ(笑)